ワイヤレスチャイムはどの現場でも活躍!メリット豊富で使いやすい

ワイヤレスチャイムはどの現場でも活躍!メリット豊富で使いやすい

病院にワイヤレスチャイムを導入することのメリット

現在さまざまな物のワイヤレス化が進み、コードが不要なものが増えています。
チャイムもその中の一つです。
そんなワイヤレスチャイムですが、導入することでたくさんのメリットがあります。
例えば、病院で使用することで患者さん側の負担とスタッフ側の手間を軽減することができます。
診療や会計待ちの患者さんにチャイムを持って頂き、順番がきたらワイヤレスチャイムで使い呼び出しすることで、患者さんは狭い混み合った待合室で待つ必要がなくなり、車の中や売店など自由に動き回ることができます。
騒音の中、自分の番号が呼ばれたか聞き取ることができないお年寄りにとっても有り難いシステムです。
他の人に名前を知られることもないので、プライバシーの保護にもなります。
病院を訪れる患者さんは体調が悪いことが多いので、混雑した待合室で待機しなくてよいことはかなりのストレス軽減になり、病院の満足度にも繋がります。
また、スタッフ側も大声で患者さんの名前を呼び続けることなく、ボタンを押すだけでスムーズに対応することができますし、名前の読み間違いなどのトラブルを防ぐことができます。
患者さんに寄り添った対応が期待でき、業務を効率よくこなすためのサポートをしてくれるワイヤレスのチャイムの病院への導入を検討してみたいものです。

工場ラインにワイヤレスチャイムを導入しよう

ワイヤレスで使える電化製品が増えており、その中にチャイムも含まれています。
ワイヤレスチャイムは配線を気にせず設置することができるので、工事などを行う手間なく使用することができるのも嬉しいポイントです。
活躍の場はたくさんありますが、工場で従業員がチャイムを持ち歩き、受信機を要所に置くことで、コミュニケーションがスムーズになり、効率良く業務を進めることができるようになったという例があります。
例えば製品ラインのポイントにワイヤレスチャイムを置くことで、不良品や部品の不足が出たときにすぐに担当者を呼び出すことができて、便利になったということあります。
そして担当者と連絡がつきやすくなることで、対応待ちでラインが止まっている時間を短くすることができ、結果生産性が上がることが期待できます。
ライン担当者も別な作業をしながら、誰か呼んでいるのではないかということを気にせず作業に専念することができるのでラクになります。
また、工場内は大きな音が鳴り響いているので、なかなか大声で呼んでも聞こえにくいといったことが起こりがちですが、ワイヤレスチャイムがあることで呼ぶ側も呼ばれる側も送信ボタンと振動だけで連絡できるので、コミュニケーションもスムーズになります。
ワイヤレスのチャイムを導入して、工場内におけるコミュニケーションの効率化を考えていきたいものです。

自動車展示場にワイヤレスチャイムって便利です

現在、色々なモノがワイヤレス化されています。
一昔前ならば、パソコンのLANは有線でしたが、今では当たり前のようにWifi化されています。

おうちの玄関に使うようなチャイムもワイヤレス化され、電波の届く距離も飛躍的に伸びています。
配線がいらないということで、ワイヤレスチャイムの需要も増えています。
どこにでもチャイムのスイッチを設置でき、言い換えれば受信機を複数用意すれば、持ち歩いて呼び出しに対応することも可能になりました。

お店の入り口だけでなく、例えば自動車展示場の各箇所に呼び出しスイッチを置いておけば、ずっとスタッフさんについてもらわなくても気軽に車を見ることが出来て、必要な時にスイッチを押してスタッフさんに来てもらう、という使い方も出来ます。

お店側としては、週末にたくさんのお客様がいらして全員に対応できない場合もあると思いますが、チャイム側をスタッフがそれぞれ持っていれば、そういった際にもお客様が迷われずに済むメリットもあります。
また、最近は背の高い車が多いですから、見回してもどこにお客様がいらっしゃるか見えないこともあるでしょうが、呼び出しボタンの位置が分かれば、たどり着くのも容易です。

大きな費用もかかりませんし、取り扱っている販売店によってはデモ機を1週間無料レンタルできるところもあります。
自動車展示場に限らず、敷地の大きなお店への導入をご検討してみてはいかがでしょうか?

そこでワイヤレスチャイムが欲しいなら『ビーコール』がおススメです。このサイトにはたくさんのワイヤレスチャイムがあり、色や形も様々なので需要に合ったワイヤレスチャイムがきっと見つかるでしょう。ぜひ一度ご覧ください。

寝ている老人と話す介護士

おすすめコンテンツ

記事リスト